考える人

運動やトレーニングだけではなく、言ってしまえば立ったり座ったり、歩いたり走ったり…。生きているだけで筋肉はどこかしらの常に動かしていますよね。

と、考えると、筋肉はすべて自分の意思で動かしていると思うでしょう。しかし実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、部位別の筋肉の仕組みについて詳しく見ていきましょう。

自分の意思とは関係なく動く筋肉もある

さて、自分で動かせる筋肉と動かせない筋肉についてですが、答えから言ってしまうと「YES」です。筋肉には、自分で動かせる部位と動かせない部位が存在しています。

自分の意思では動かせない筋肉とは

例えば、心筋や平滑筋などは自分の意思で動かすものではありません。というよりも、意思に関係なく動くので自分の意思では動かせません。これらの意思では動かせない筋肉のことを「不随意筋」と呼びます。

簡単に言ってしまうと、自分で止めようと思っても止められない筋肉のことです。

止めようと思って止められるものは随意筋

呼吸をするために必要な横隔膜や、横隔膜と連動している腹筋の一部、肋骨の間の肋間筋などは、生きているだけで勝手に動いている部位であり、自分で動かしているという意識はないでしょう。

しかし、「呼吸のリズムをつくる」という神経の信号によって、筋肉が周期的な運動(随意運動と呼びます)をしているため、これらは随意筋に分類されるのです。ちょっと不思議ですよね。

 

動かしやすい筋肉と動かしにくい筋肉がある

自分の意思で動かせる随意筋の中にも、動かしやすい筋肉と動かしづらい筋肉があるのです。体の表面にあって、自分で見て確認できる筋肉は動かしやすいものになります。

私たちは、あまり赤ちゃんの頃の記憶はありませんが、実はそのころから「ここの筋肉を動かすと、手や足のこの部分が動く」ということを探求していて、長年の経験から筋肉の動きを体得しているのです。赤ちゃんはよく、手をグーパーグーパーと握るのと開くのを繰り返していますが、これはただ動かしているのではなく、筋肉をスムーズに動かすための確認作業だと言われています。

逆に、ぱっとみて確認しにくい筋肉は動かしづらいといえます。小さいころから、鏡を見ながら何度も動かす練習をしていれば、普通の人よりは動かしやすくなる可能性はありますが、そんなこと意識して行わないでしょう。

耳を動かしたり鼻を動かしたりできる人がいますが、あれも実は生理的な仕組みではなく知らないうちに練習していたのだと考えられます。

 

体の奥にある深部筋は動かしづらい

見えない位置ということから考えても、体の奥にある深部筋は動かしづらい筋肉だといえます。大腰筋や腸骨筋、骨盤底筋などは外から見えません。「力を入れて動かしてみてほしい」といわれてもなかなか難しいですよね。

しかし、深部筋の中にも、自分で意識しなくとも、足を伸ばしたり背筋を伸ばしたりすることで自然と働く筋肉もあります。もちろん深部筋を動かせるならば、鍛えるのが良いですが、なかなか動かせないのであれば、基本的な動きからアプローチしていくのもよいでしょう。

 

運動のパフォーマンスを上げるには必要な動作を体に染み込ませること

動かしづらい筋肉を鍛えてスムーズに動かせれば、運動のパフォーマンスがさらにアップするのでは?と考える人は多いでしょう。もちろんこれは間違いではありません。

しかし、スポーツで行う動作というのは基本的に意識して行う動作ではないですよね。サッカーでボールが来た時に、どこの筋肉を動かしてどうやって蹴るかなんて考えないでしょう。つまり、意識してから動かすのでは遅いのです。

大切なのは、意識しないで飛び出してくる動作がいつもできるかどうかということです。例えば、何度も何度も同じ動作を繰り返して、脳で特定のパターンを作っておけば自然と体は動くでしょう。

以下に筋肉を総合的、協調的に使えるかにポイントを置いてトレーニングを行うと、今よりももっとパフォーマンスは上がることでしょう。

そこに、さらに動かしにくかった筋肉をスムーズに動かせるようになれば一石二鳥です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/09/Max_EzakiDSC_0264_TP_V-e1506006260383-1024x648.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/09/Max_EzakiDSC_0264_TP_V-e1506006260383-150x150.jpgBodykeLIVE体の仕組み運動やトレーニングだけではなく、言ってしまえば立ったり座ったり、歩いたり走ったり…。生きているだけで筋肉はどこかしらの常に動かしていますよね。と、考えると、筋肉はすべて自分の意思で動かしていると思うでしょう。しかし実際のところはどうなのでしょうか?今回は、部位別の筋肉の仕組みについて詳しく見ていきましょう。自分の意思とは関係なく動く筋肉もあるさて、自分で動かせる筋肉と動かせない筋肉についてですが、答えから言ってしまうと「YES」です。筋肉には、自分で動かせる部位と動かせない部位が存在しています。自分の意思では動かせない筋肉とは例えば、心筋や平滑筋などは自分の意思で動かすものではありません。というよりも、意思に関係なく動くので自分の意思では動かせません。これらの意思では動かせない筋肉のことを「不随意筋」と呼びます。簡単に言ってしまうと、自分で止めようと思っても止められない筋肉のことです。止めようと思って止められるものは随意筋呼吸をするために必要な横隔膜や、横隔膜と連動している腹筋の一部、肋骨の間の肋間筋などは、生きているだけで勝手に動いている部位であり、自分で動かしているという意識はないでしょう。しかし、「呼吸のリズムをつくる」という神経の信号によって、筋肉が周期的な運動(随意運動と呼びます)をしているため、これらは随意筋に分類されるのです。ちょっと不思議ですよね。 動かしやすい筋肉と動かしにくい筋肉がある自分の意思で動かせる随意筋の中にも、動かしやすい筋肉と動かしづらい筋肉があるのです。体の表面にあって、自分で見て確認できる筋肉は動かしやすいものになります。私たちは、あまり赤ちゃんの頃の記憶はありませんが、実はそのころから「ここの筋肉を動かすと、手や足のこの部分が動く」ということを探求していて、長年の経験から筋肉の動きを体得しているのです。赤ちゃんはよく、手をグーパーグーパーと握るのと開くのを繰り返していますが、これはただ動かしているのではなく、筋肉をスムーズに動かすための確認作業だと言われています。逆に、ぱっとみて確認しにくい筋肉は動かしづらいといえます。小さいころから、鏡を見ながら何度も動かす練習をしていれば、普通の人よりは動かしやすくなる可能性はありますが、そんなこと意識して行わないでしょう。耳を動かしたり鼻を動かしたりできる人がいますが、あれも実は生理的な仕組みではなく知らないうちに練習していたのだと考えられます。 体の奥にある深部筋は動かしづらい見えない位置ということから考えても、体の奥にある深部筋は動かしづらい筋肉だといえます。大腰筋や腸骨筋、骨盤底筋などは外から見えません。「力を入れて動かしてみてほしい」といわれてもなかなか難しいですよね。しかし、深部筋の中にも、自分で意識しなくとも、足を伸ばしたり背筋を伸ばしたりすることで自然と働く筋肉もあります。もちろん深部筋を動かせるならば、鍛えるのが良いですが、なかなか動かせないのであれば、基本的な動きからアプローチしていくのもよいでしょう。 運動のパフォーマンスを上げるには必要な動作を体に染み込ませること動かしづらい筋肉を鍛えてスムーズに動かせれば、運動のパフォーマンスがさらにアップするのでは?と考える人は多いでしょう。もちろんこれは間違いではありません。しかし、スポーツで行う動作というのは基本的に意識して行う動作ではないですよね。サッカーでボールが来た時に、どこの筋肉を動かしてどうやって蹴るかなんて考えないでしょう。つまり、意識してから動かすのでは遅いのです。大切なのは、意識しないで飛び出してくる動作がいつもできるかどうかということです。例えば、何度も何度も同じ動作を繰り返して、脳で特定のパターンを作っておけば自然と体は動くでしょう。以下に筋肉を総合的、協調的に使えるかにポイントを置いてトレーニングを行うと、今よりももっとパフォーマンスは上がることでしょう。そこに、さらに動かしにくかった筋肉をスムーズに動かせるようになれば一石二鳥です!ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!