細マッチョな男性

ボディビルダーの彫刻のような美しい肉体は、弾性でも女性でもつい見とれてしまいますよね。ボディビルダーは、魅せる(見せる)ための筋肉を作っているので体つきは非常に素晴らしいものです。

もし、一般人がボディビルダーのような肉体になりたい!と考えたならば、作られるのでしょうか?

今回は、ボディビルダーのような肉体の作り方について考えてみましょう。

ボディビルダーのトレーニングとは

ボディビルダーは競技の性質上、彫刻のような肉体をつくりあげます。個々の筋肉の形をできるだけ表面に浮き出させるために、筋肉を太くしたうえで、徹底的に皮下脂肪を落としているのです。

と言っても、ボディビルダーは特別なトレーニングをしているわけでも、特別な訓練をしているわけではありません。基本的なトレーニングのメニューは私たちが行うようなトレーニングと同じです。

  • ベンチプレス
  • スクワット
  • デッドリフト

このように、行ったことがあるようなトレーニングをしていることを考えると、誰でも筋肉を鍛えて脂肪を落とせばボディビルダーに近い体になっていけるというわけです。

 

ボディビルの競技に出るには細かい筋肉まで鍛える必要がある

では、彫刻のようなすばらしい肉体を手に入れたとして、ボディビルの競技に出られるのかというと残念ながらそうではありません。あくまでもボディビルダーのような体を手に入れられるだけであり、もしも選手としてボディビルの競技に出ようと思うのならば、全身の筋肉のバランスを整えなくてはいけません

弱点をなくすために、部分的な筋肉もトレーニングを行い、鍛え上げなくてはいけないのです。

筋肉のバランスには個人差があります。大胸筋が発達しているけれども腕が細かったり、上半身は鍛えられているのに下半身が細いといったように人によって弱い部分は異なります。

中でも、ふくらはぎの筋肉は生まれつき太い人や細い人がいるため、細い人はトレーニング重ねてもなかなか太くならないのです。

ムキムキのアーノルド・シュワルツネッガーさんも、実はふくらはぎが弱くて、克服するために毎朝300~500kgの負荷を担いでカーフレイズを行っていたという逸話もあります。

また、黒人選手もふくらはぎが細い傾向があるため、太くするために苦労している人が多いようです。こればっかりは先天性なものがあるため難しいですね。

 

筋肉には先天的な要素が関係していることが多い

実は、筋肉には先天的な差が大きいことがわかっています。ふくらはぎもそうですが、腹筋も先天的な差があり、生まれつき薄い人は厚みをだすのは非常に苦労します。かといって、諦めてはいけません。絶対に太くならない厚くならないというわけではないのです。鍛えれば必ず結果は出ます。

生まれつきの要素は誰にでもあるものです。もしもこれがなければ、誰もが同じ様な体になっています。

弱点を克服するには工夫や努力が必要ですが、どんな人でもあきらめずに、自分の弱点と向き合ってトレーニングを繰り返すことである程度の肉体を作ることは可能なのです。

日本人でも、45歳ころにボディビルの道に入り、70歳近くになってから関東選手権の一般部門で優勝をした人もいます。一般の部というのは、20代の人も出場するクラスなので、年齢による筋肉の発達にはかなりのハンデがあったはずです。

それでも優勝をしたということは、自分自身の弱い部分にしっかりと向き合い効率的なトレーニングを諦めずに行ったという結果でしょう。

コツコツと努力をすることで、こんなにもすばらしい結果を残すことができるので諦めないことは非常に重要だと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/09/cristian-baron-27345-e1506438690338-1024x658.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/09/cristian-baron-27345-e1506438690338-150x150.jpgBodykeLIVE考え方ボディビルダーの彫刻のような美しい肉体は、弾性でも女性でもつい見とれてしまいますよね。ボディビルダーは、魅せる(見せる)ための筋肉を作っているので体つきは非常に素晴らしいものです。もし、一般人がボディビルダーのような肉体になりたい!と考えたならば、作られるのでしょうか?今回は、ボディビルダーのような肉体の作り方について考えてみましょう。ボディビルダーのトレーニングとはボディビルダーは競技の性質上、彫刻のような肉体をつくりあげます。個々の筋肉の形をできるだけ表面に浮き出させるために、筋肉を太くしたうえで、徹底的に皮下脂肪を落としているのです。と言っても、ボディビルダーは特別なトレーニングをしているわけでも、特別な訓練をしているわけではありません。基本的なトレーニングのメニューは私たちが行うようなトレーニングと同じです。ベンチプレス スクワット デッドリフトこのように、行ったことがあるようなトレーニングをしていることを考えると、誰でも筋肉を鍛えて脂肪を落とせばボディビルダーに近い体になっていけるというわけです。 ボディビルの競技に出るには細かい筋肉まで鍛える必要があるでは、彫刻のようなすばらしい肉体を手に入れたとして、ボディビルの競技に出られるのかというと残念ながらそうではありません。あくまでもボディビルダーのような体を手に入れられるだけであり、もしも選手としてボディビルの競技に出ようと思うのならば、全身の筋肉のバランスを整えなくてはいけません。弱点をなくすために、部分的な筋肉もトレーニングを行い、鍛え上げなくてはいけないのです。筋肉のバランスには個人差があります。大胸筋が発達しているけれども腕が細かったり、上半身は鍛えられているのに下半身が細いといったように人によって弱い部分は異なります。中でも、ふくらはぎの筋肉は生まれつき太い人や細い人がいるため、細い人はトレーニング重ねてもなかなか太くならないのです。ムキムキのアーノルド・シュワルツネッガーさんも、実はふくらはぎが弱くて、克服するために毎朝300~500kgの負荷を担いでカーフレイズを行っていたという逸話もあります。また、黒人選手もふくらはぎが細い傾向があるため、太くするために苦労している人が多いようです。こればっかりは先天性なものがあるため難しいですね。 筋肉には先天的な要素が関係していることが多い実は、筋肉には先天的な差が大きいことがわかっています。ふくらはぎもそうですが、腹筋も先天的な差があり、生まれつき薄い人は厚みをだすのは非常に苦労します。かといって、諦めてはいけません。絶対に太くならない厚くならないというわけではないのです。鍛えれば必ず結果は出ます。生まれつきの要素は誰にでもあるものです。もしもこれがなければ、誰もが同じ様な体になっています。弱点を克服するには工夫や努力が必要ですが、どんな人でもあきらめずに、自分の弱点と向き合ってトレーニングを繰り返すことである程度の肉体を作ることは可能なのです。日本人でも、45歳ころにボディビルの道に入り、70歳近くになってから関東選手権の一般部門で優勝をした人もいます。一般の部というのは、20代の人も出場するクラスなので、年齢による筋肉の発達にはかなりのハンデがあったはずです。それでも優勝をしたということは、自分自身の弱い部分にしっかりと向き合い効率的なトレーニングを諦めずに行ったという結果でしょう。コツコツと努力をすることで、こんなにもすばらしい結果を残すことができるので諦めないことは非常に重要だと言えるでしょう。ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!