ブレックファースト

私たち人間は、食べ物(栄養素)を食べてそれをエネルギーに変えて生きています。当たり前ですが、食事をしなければ生きていくことはできません。現代は食べ物がたくさん溢れていますからなんでも食べることができますが、どのような食べ物を選んでいますか?

今回は、私たちのDNAに合った食事について学んでみましょう。

農業はもともと想定されていなかった

人間だけではなく、ライオンやチーターなどの動物も同様に獲物を狩って食べることで生きています。人間が他の動物と大きく違う点としては、脳が発達していることが挙げられます。動物の中でも唯一人間だけが発達した脳のおかげで「農業」ができるようになったのです。時期によって栽培する食物の種類を変え、地球上のあちこちで米や麦、ジャガイモなどを作り、食料を確保することができるようになったのです。

最初は少なかった人類も、農業の発展とともに人口がどんどん増えていきました。脳が発達していたことがここまで人類が増えた大きな要因だといえるでしょう。

その一方で、人類が誕生した時には「農業」というものは想定されていなかったと考えられます。もともと人間に組み込まれているDNAには合わない食生活を始めてしまったのです。

日本は、古くから稲作を始めていますが、本格的に始まったのは弥生時代になってからです。大陸からの渡来民により、水稲耕作が伝達され稲作が発展しました。それまで日本列島で暮らしていた日本人の先祖は、狩猟や採集によって食べ物を得ていました。この生活をしていた縄文時代はなんと1万2000年以上という非常に長い時間です。

日本人は、この古くから住んでいた縄文人と、大陸からの渡来人が混血していき現代の日本人になっていったという説が有力だといわれています。現代の日本人が、縄文人のDNAを強く受け継いでいるという研究結果も出ています。

この事実を踏まえると、私たちは本来1万2000年前の縄文人のように生きていくようにDNAが構成されていると考えられます。

しかし、ここ100年くらいで私たちは勝手にその食事を変えようとしてしまっています。その結果、さまざまな病気を生み出してしまったともいえます。

 

昔は生活習慣病がなかったのはなぜ?

人間の脳が他の動物に比べて発達していることは間違いありませんが、それでも間違いを起こすこともあります。たとえば、野生の動物はおなかがいっぱいになると、近くに獲物がいたとしても襲って食べることはしません。しかし、人間の脳は欲望に弱く、栄養が足りていて食べる必要がなくとも「食べたい」と脳から指令を出してしまうのです。

わかりやすい例でいうと、デザートですよね。普通の食事をとっていれば、デザートを取る必要は栄養素的には必要ありません。それでも「デザートは別腹…」と食べたくなるのが人間の性であり脳のエラーなのです。

この間違った(栄養的には必要ない)指令を出し続けていると中毒になってしまいます。

日本人の糖尿病に関する記録では、もっとも古いとされるのが平安時代の藤原道長の日記です!藤原道長は、のどの渇きや視力の低下に悩んでいたと日記につづっていますが、これは明らかに糖尿病であったことが考えられます。これは、実は藤原道長が糖質をたくさん食べることができる身分であったからで、この時代の一般人には糖尿病とは無縁だったといえます。

日本で一般人が糖尿病にかかるようになったのは、戦後20年くらいすぎてからと本当に最近の話なのです。この頃、経済が急成長し、多くの人たちがお米や麺、砂糖の入ったお菓子や飲み物を日常的に口にすることができるようになり、好んで食べたり飲んだりすることで糖尿病が増えたと考えられます。そして、現代の30代・40代の男性の肥満者の多い時代が到来してしまったのです…。

戦後70年というと、長いと感じる人もいるかもしれませんが、縄文時代の1万2000年に比べたら一瞬です。この一瞬の間に私たちは間違った方向にいってしまっているのかもしれません。

現在「生活習慣病」と呼ばれる病気は、明らかに文明がもたらした病気です。生活習慣というと、運動や睡眠などの様々な要素がありますが、食生活の変化が大きな原因となっていることは間違いありません。

肥満・糖尿病・高血圧・がん・脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化・うつ・ぜんそく・アレルギー・アトピーなど本当に多くの病気がありますが、これらは「文明的な食事」がもたらした悪い習慣だといっても過言ではないでしょう。

 

日本全国で調査された「長寿の秘訣」とは⁈

東北大学の名誉教授であられる近藤正二医学博士は、1935年から36年間にわたり日本全国を歩き、長寿が多い村と短命が多い村を探してその生活様式を調査しました。この調査を始めた当時は「短命の原因はお酒である」「重労働がいけない」といったような説が流れていました。しかし、実際にどうなのかは実証されていませんでした。

「その俗説が正しいのかどうか実際に自分の目で見てくる」と、なんと990の町村を調べ上げたのです。そして、私たち日本人が健康で長生きするためにはどのように暮らせばいいかをまとめた「日本の長寿村短命村」という本を執筆しています。

近藤博士の研究では以下のような結果が出ています。

  1. 健康、長寿の決め手は食生活
  2. ゆっくり噛んで食事を楽しむことが大事
  3. 酒のみだからと言って決して短命になるとはいえない
  4. 重労働をしている人の方が長寿である
  5. 大豆製品を多く食べている村は長寿である
  6. 大量の野菜を食べている村は長寿である
  7. 海藻を多く摂る村は長寿である
  8. ごはんの食べ過ぎは短命になる
  9. いくら魚が良いとはいえ、魚ばかりで野菜を摂らないと短命になる
  10. 果物を多く摂りすぎる村は短命になる
  11. 肉の食べ過ぎは短命になる
  12. 塩分を摂りすぎる村は短命になる

長寿になるか短命になるかを決めているのは食生活に関する要素が非常に多いのです。

博士がこの研究をしたのは1935年(昭和10年)ですから、現在とは違い流通が整っている訳ではない時代でした。そのため、どうしても山の村と海の村では食生活は異なります。しかし、海藻を食べられない山の村ではその代わりに木の実や山菜を食べることができます。海の村では、山の幸を食べられない代わりに海の幸を食べられます。

実際、山の村でも海の村でも長寿村も短命村も存在しているのです。どちらの村においても共通していることは、「野菜を多く摂る村は長寿である」「ごはんを食べ過ぎていると短命である」「動物性たんぱく質はほどほどで抑え、植物性たんぱく質を積極的にとるとよい」という3点です。

現代の日本では、多くの食べ物を選ぶことができます。調理法も多くさまざまなメニューを選べるため、つい美味しいものや楽なメニューを選びがちです。しかし、長寿を目指すのであれば、ドレッシングや調味料もなく、素材そのものを楽しみ贅沢なものはあまり食べない縄文人のような食生活をするのが秘訣だと言えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/12/chris-lawton-165884-e1513868534827-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/12/chris-lawton-165884-e1513868534827-150x150.jpgBodykeLIVE食事私たち人間は、食べ物(栄養素)を食べてそれをエネルギーに変えて生きています。当たり前ですが、食事をしなければ生きていくことはできません。現代は食べ物がたくさん溢れていますからなんでも食べることができますが、どのような食べ物を選んでいますか?今回は、私たちのDNAに合った食事について学んでみましょう。農業はもともと想定されていなかった人間だけではなく、ライオンやチーターなどの動物も同様に獲物を狩って食べることで生きています。人間が他の動物と大きく違う点としては、脳が発達していることが挙げられます。動物の中でも唯一人間だけが発達した脳のおかげで「農業」ができるようになったのです。時期によって栽培する食物の種類を変え、地球上のあちこちで米や麦、ジャガイモなどを作り、食料を確保することができるようになったのです。最初は少なかった人類も、農業の発展とともに人口がどんどん増えていきました。脳が発達していたことがここまで人類が増えた大きな要因だといえるでしょう。その一方で、人類が誕生した時には「農業」というものは想定されていなかったと考えられます。もともと人間に組み込まれているDNAには合わない食生活を始めてしまったのです。日本は、古くから稲作を始めていますが、本格的に始まったのは弥生時代になってからです。大陸からの渡来民により、水稲耕作が伝達され稲作が発展しました。それまで日本列島で暮らしていた日本人の先祖は、狩猟や採集によって食べ物を得ていました。この生活をしていた縄文時代はなんと1万2000年以上という非常に長い時間です。日本人は、この古くから住んでいた縄文人と、大陸からの渡来人が混血していき現代の日本人になっていったという説が有力だといわれています。現代の日本人が、縄文人のDNAを強く受け継いでいるという研究結果も出ています。この事実を踏まえると、私たちは本来1万2000年前の縄文人のように生きていくようにDNAが構成されていると考えられます。しかし、ここ100年くらいで私たちは勝手にその食事を変えようとしてしまっています。その結果、さまざまな病気を生み出してしまったともいえます。 昔は生活習慣病がなかったのはなぜ?人間の脳が他の動物に比べて発達していることは間違いありませんが、それでも間違いを起こすこともあります。たとえば、野生の動物はおなかがいっぱいになると、近くに獲物がいたとしても襲って食べることはしません。しかし、人間の脳は欲望に弱く、栄養が足りていて食べる必要がなくとも「食べたい」と脳から指令を出してしまうのです。わかりやすい例でいうと、デザートですよね。普通の食事をとっていれば、デザートを取る必要は栄養素的には必要ありません。それでも「デザートは別腹…」と食べたくなるのが人間の性であり脳のエラーなのです。この間違った(栄養的には必要ない)指令を出し続けていると中毒になってしまいます。日本人の糖尿病に関する記録では、もっとも古いとされるのが平安時代の藤原道長の日記です!藤原道長は、のどの渇きや視力の低下に悩んでいたと日記につづっていますが、これは明らかに糖尿病であったことが考えられます。これは、実は藤原道長が糖質をたくさん食べることができる身分であったからで、この時代の一般人には糖尿病とは無縁だったといえます。日本で一般人が糖尿病にかかるようになったのは、戦後20年くらいすぎてからと本当に最近の話なのです。この頃、経済が急成長し、多くの人たちがお米や麺、砂糖の入ったお菓子や飲み物を日常的に口にすることができるようになり、好んで食べたり飲んだりすることで糖尿病が増えたと考えられます。そして、現代の30代・40代の男性の肥満者の多い時代が到来してしまったのです…。戦後70年というと、長いと感じる人もいるかもしれませんが、縄文時代の1万2000年に比べたら一瞬です。この一瞬の間に私たちは間違った方向にいってしまっているのかもしれません。現在「生活習慣病」と呼ばれる病気は、明らかに文明がもたらした病気です。生活習慣というと、運動や睡眠などの様々な要素がありますが、食生活の変化が大きな原因となっていることは間違いありません。肥満・糖尿病・高血圧・がん・脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化・うつ・ぜんそく・アレルギー・アトピーなど本当に多くの病気がありますが、これらは「文明的な食事」がもたらした悪い習慣だといっても過言ではないでしょう。 日本全国で調査された「長寿の秘訣」とは⁈東北大学の名誉教授であられる近藤正二医学博士は、1935年から36年間にわたり日本全国を歩き、長寿が多い村と短命が多い村を探してその生活様式を調査しました。この調査を始めた当時は「短命の原因はお酒である」「重労働がいけない」といったような説が流れていました。しかし、実際にどうなのかは実証されていませんでした。「その俗説が正しいのかどうか実際に自分の目で見てくる」と、なんと990の町村を調べ上げたのです。そして、私たち日本人が健康で長生きするためにはどのように暮らせばいいかをまとめた「日本の長寿村短命村」という本を執筆しています。近藤博士の研究では以下のような結果が出ています。健康、長寿の決め手は食生活 ゆっくり噛んで食事を楽しむことが大事 酒のみだからと言って決して短命になるとはいえない 重労働をしている人の方が長寿である 大豆製品を多く食べている村は長寿である 大量の野菜を食べている村は長寿である 海藻を多く摂る村は長寿である ごはんの食べ過ぎは短命になる いくら魚が良いとはいえ、魚ばかりで野菜を摂らないと短命になる 果物を多く摂りすぎる村は短命になる 肉の食べ過ぎは短命になる 塩分を摂りすぎる村は短命になる長寿になるか短命になるかを決めているのは食生活に関する要素が非常に多いのです。博士がこの研究をしたのは1935年(昭和10年)ですから、現在とは違い流通が整っている訳ではない時代でした。そのため、どうしても山の村と海の村では食生活は異なります。しかし、海藻を食べられない山の村ではその代わりに木の実や山菜を食べることができます。海の村では、山の幸を食べられない代わりに海の幸を食べられます。実際、山の村でも海の村でも長寿村も短命村も存在しているのです。どちらの村においても共通していることは、「野菜を多く摂る村は長寿である」「ごはんを食べ過ぎていると短命である」「動物性たんぱく質はほどほどで抑え、植物性たんぱく質を積極的にとるとよい」という3点です。現代の日本では、多くの食べ物を選ぶことができます。調理法も多くさまざまなメニューを選べるため、つい美味しいものや楽なメニューを選びがちです。しかし、長寿を目指すのであれば、ドレッシングや調味料もなく、素材そのものを楽しみ贅沢なものはあまり食べない縄文人のような食生活をするのが秘訣だと言えるのではないでしょうか。ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!