運動していて食事管理もしていて、最初の1週間は2kgも体重が落ちたのに、ある日いきなり体重がほとんど落ちなくなってしまってどうしたら良いか分からない。

そんなダイエット遭難者の方へ朗報です!体重が落ちなくなる人が共通する5つのポイントと対策をご覧ください!

ダイエットが停滞する5つの落とし穴

【1】朝ごはんを食べない
【2】ウォーキングが運動の基本
【3】間食を摂らない
【4】真面目すぎる
【5】毎日変わらない摂取カロリー

あなたはいくつ当てはまりましたか? 1つでも当てはまってしまった方はダイエット遭難者さんなので今回の記事で解決してダイエットを成功させていきましょう^^

 

【1】朝ごはんを食べないなんて本末転倒!

ダイエットを成功できない人には朝ごはんを食べない人が多いです!なぜ朝ごはんを食べないといけないのか? 理由をお話すると星の数ほどありますが、今回はその中でも特に大切な2つの理由をお話させていただきます。

<朝ごはんを食べる理由>

朝ごはんを食べることで体を暖めることができます。朝一で基礎代謝を高められると、1日を通して体は脂肪を燃えやすい状態になります。もし朝ごはんを食べないとなると自ら痩せにくい状態を作ることになります。食べないのに痩せないなんて人間の体は面白いですよね。

<リズムを統一>

さらに、朝ごはんを食べない人には心の隙が生まれがちで、「朝食べてないからお昼は多めに食べよう」と考えてしまったり、朝とお昼も抑えて夜に多く食べてしまう方が多いようです。それではダイエットは上手く行きません。ダイエットを成功させるためのポイントは、常に安定したカロリーを満遍なく摂取するということが基本となります。例えば1日1500kcal摂取する人でも、1500kcalを3分割で摂取するのと、1括で摂取するのとでは痩せ方が変わってくるものです。なのでリズムよく常に安定したカロリーを摂取していきましょう。

 

【2】ウォーキングが運動のメインだとNG

ウォーキングをしたところで筋肉がついて体が引き締まる可能性は0に等しいです。有酸素運動は脂肪を燃焼させて体重を落とすことができますが、メリハリのある身体を作ることは難しいです^^;

対して筋トレ(スクワットや腹筋)は体を基礎筋力をつけるために適した運動です。適度に筋肉をつけると基礎代謝が上がり、今までのように食べたら食べた分だけ太ってしまうことがなくなります。筋肉がつくことで脂肪を燃焼させやすい体へと変わっていきます。

 

【3】間食をしよう

ダイエットを頑張る人ほど1日3食をきっちり食べて調整するという人が多いです。しかし、正しいダイエットとは1日3食では少ないのです。せめて1日4食は食べてもらいたいというのが本音です。空腹の状態だと体を動かすための燃料がなくなり、筋肉から栄養補給をして生命維持をしようとします。すると筋肉が減る=基礎代謝が下がり脂肪を燃焼させにくい状態になってしまいます。

ダイエットが成功しない人のほとんどは、間食を食べない傾向にあります。必ず間食をして筋肉を減らすような食事を意識していきましょう^^

ここで食べるべきものは、体を作る材料となるタンパク質をがオススメです!

タンパク質は体をデザインする栄養素なので毎食食べるように意識していきましょう。王道でお手軽で入手できるタンパク質はプロテイン、スルメイカ、豆乳、さけるチーズがおすすめです^^

 

【4】まじめすぎるとメンタル崩壊

ずーっと真面目だと疲れてしまいます!真面目を否定するわけではありませんが、1週間に1回くらい気を抜いて楽しんでもいいと思うんです^^ 人生の中のボディメイクやダイエットなので、つまらなくなったらおしまいです…

普段頑張っている自分にご褒美をあたえてあげることも大切ですよ^^是非、そんなご褒美日には友人や大切な人たちと美味しいものを食べてください。

 

【5】毎日変わらない摂取カロリー

ある一定の摂取カロリーを取り続けるというのはダイエットを成功させるためのテクニックとして存在します。しかし、ずっと同じカロリーを摂取していると2〜3週間で停滞期という壁に当たってしまいます。

停滞期の原因は「摂取カロリー<消費カロリー」の状態が続いていると体が勘違いをして、基礎代謝を下げて体重が落ちないようにシフトチェンジする反応です。「摂取カロリー<消費カロリー」がずっと続くと、体は餓死してしまうと思い込んでしまいます。

そんな状況を抜けるために、2週間に1度摂取カロリーを約500〜800キロカロリー増やします。すると体は栄養が入った来たことで基礎代謝を元に戻します。これがFITNESS業界でよく言われるチートデイです。

 

まとめ

・朝ごはんは必ず食べる。
・運動の基本はウエイトトレーニング
・必ず間食を摂る
・真面目すぎない
・2週間に1度は摂取カロリーを500~800キロカロリー多めにする

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/11/hiding-1209131_1280-e1511842529589-1-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/11/hiding-1209131_1280-e1511842529589-1-150x150.jpgパーソナルトレーナー 坂本季生ダイエット食事基礎知識運動していて食事管理もしていて、最初の1週間は2kgも体重が落ちたのに、ある日いきなり体重がほとんど落ちなくなってしまってどうしたら良いか分からない。そんなダイエット遭難者の方へ朗報です!体重が落ちなくなる人が共通する5つのポイントと対策をご覧ください!ダイエットが停滞する5つの落とし穴【1】朝ごはんを食べない 【2】ウォーキングが運動の基本 【3】間食を摂らない 【4】真面目すぎる 【5】毎日変わらない摂取カロリーあなたはいくつ当てはまりましたか? 1つでも当てはまってしまった方はダイエット遭難者さんなので今回の記事で解決してダイエットを成功させていきましょう^^ 【1】朝ごはんを食べないなんて本末転倒!ダイエットを成功できない人には朝ごはんを食べない人が多いです!なぜ朝ごはんを食べないといけないのか? 理由をお話すると星の数ほどありますが、今回はその中でも特に大切な2つの理由をお話させていただきます。<朝ごはんを食べる理由>朝ごはんを食べることで体を暖めることができます。朝一で基礎代謝を高められると、1日を通して体は脂肪を燃えやすい状態になります。もし朝ごはんを食べないとなると自ら痩せにくい状態を作ることになります。食べないのに痩せないなんて人間の体は面白いですよね。<リズムを統一>さらに、朝ごはんを食べない人には心の隙が生まれがちで、「朝食べてないからお昼は多めに食べよう」と考えてしまったり、朝とお昼も抑えて夜に多く食べてしまう方が多いようです。それではダイエットは上手く行きません。ダイエットを成功させるためのポイントは、常に安定したカロリーを満遍なく摂取するということが基本となります。例えば1日1500kcal摂取する人でも、1500kcalを3分割で摂取するのと、1括で摂取するのとでは痩せ方が変わってくるものです。なのでリズムよく常に安定したカロリーを摂取していきましょう。 【2】ウォーキングが運動のメインだとNGウォーキングをしたところで筋肉がついて体が引き締まる可能性は0に等しいです。有酸素運動は脂肪を燃焼させて体重を落とすことができますが、メリハリのある身体を作ることは難しいです^^;対して筋トレ(スクワットや腹筋)は体を基礎筋力をつけるために適した運動です。適度に筋肉をつけると基礎代謝が上がり、今までのように食べたら食べた分だけ太ってしまうことがなくなります。筋肉がつくことで脂肪を燃焼させやすい体へと変わっていきます。 【3】間食をしようダイエットを頑張る人ほど1日3食をきっちり食べて調整するという人が多いです。しかし、正しいダイエットとは1日3食では少ないのです。せめて1日4食は食べてもらいたいというのが本音です。空腹の状態だと体を動かすための燃料がなくなり、筋肉から栄養補給をして生命維持をしようとします。すると筋肉が減る=基礎代謝が下がり脂肪を燃焼させにくい状態になってしまいます。ダイエットが成功しない人のほとんどは、間食を食べない傾向にあります。必ず間食をして筋肉を減らすような食事を意識していきましょう^^ここで食べるべきものは、体を作る材料となるタンパク質をがオススメです!タンパク質は体をデザインする栄養素なので毎食食べるように意識していきましょう。王道でお手軽で入手できるタンパク質はプロテイン、スルメイカ、豆乳、さけるチーズがおすすめです^^ 【4】まじめすぎるとメンタル崩壊ずーっと真面目だと疲れてしまいます!真面目を否定するわけではありませんが、1週間に1回くらい気を抜いて楽しんでもいいと思うんです^^ 人生の中のボディメイクやダイエットなので、つまらなくなったらおしまいです…普段頑張っている自分にご褒美をあたえてあげることも大切ですよ^^是非、そんなご褒美日には友人や大切な人たちと美味しいものを食べてください。 【5】毎日変わらない摂取カロリーある一定の摂取カロリーを取り続けるというのはダイエットを成功させるためのテクニックとして存在します。しかし、ずっと同じカロリーを摂取していると2〜3週間で停滞期という壁に当たってしまいます。停滞期の原因は「摂取カロリー<消費カロリー」の状態が続いていると体が勘違いをして、基礎代謝を下げて体重が落ちないようにシフトチェンジする反応です。「摂取カロリー<消費カロリー」がずっと続くと、体は餓死してしまうと思い込んでしまいます。そんな状況を抜けるために、2週間に1度摂取カロリーを約500〜800キロカロリー増やします。すると体は栄養が入った来たことで基礎代謝を元に戻します。これがFITNESS業界でよく言われるチートデイです。 まとめ・朝ごはんは必ず食べる。 ・運動の基本はウエイトトレーニング ・必ず間食を摂る ・真面目すぎない ・2週間に1度は摂取カロリーを500~800キロカロリー多めにする ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!