考えごとをする男性トレーニングによって「筋肉が破壊される」ということを聞いたことがあると思いますが、破壊と聞くと筋肉が完全に壊れてしまうと勘違いしてしまいますよね。

ではこの壊れた筋肉は一体どうなってしまうのでしょうか?消えてなくなってしまうのでしょうか?今回は、壊れた筋肉がどうなっていくのかを確認しましょう。

筋肉の破壊には乱れと壊死の2パターンある

よく言われる「筋肉が破壊される」という言葉は、実はそれほど大げさなことではなく、筋線維の構造が乱れる程度の話なのです。筋線維がブチっと切れてしまったり、トレーニングで鍛えた部分の筋線維がボロボロになってしまうわけではありません。

もしも、トレーニングをすることで筋肉がボロボロになって消えてしまったらトレーニングの意味がないですよね。

しかし、切れてしまうほど筋線維が酷使された場合は、「壊死」といって筋線維が完全に死んでしまった状態になります。

壊死した繊維は、たんぱく質分解酵素によってアミノ酸に分解され溶け、そして次の筋肉の材料として再利用される場合と、尿素になり体外に排出される場合があります。

 

壊死した筋繊維は修復して強くなる

一方で、壊死した部分では筋線維の再生が起こり、10日~2週間ほどで新しい筋線維がつくられます。

しかし、即効的に筋肉を修復する場合には、新しい筋線維をつくるよりも、その部分を結合組織(コラーゲン)で埋めた方が早いといえます。

したがって、疲労回復しないうちに筋肉が壊れるトレーニングを続けていくと、線維化(ファイブローシス)といって、筋肉の中に結合組織性の繊維がどんどん多くなっていきます。

すると筋肉は硬くなり、力を入れてもゆるめてもあまり硬さが変わらないタイプの筋肉になっていきます。しかし、引き締まった体を手に入れたいということならば、硬い筋肉を作る必要はありません。

 

トレーニングと休養は体の声をしっかりと聞いて判断しよう

もしもトレーニングを続けていて、痛いと感じるほど筋肉が疲れているならば、それは「休養が必要」だというサインです。

といっても、少しでも筋肉痛がのこっていたらトレーニングをしてはいけないのかというとそんなことはありません。多少の筋肉痛はあっても、トレーニングの頻度を上げることは筋力アップにおいて大切なことです。

「トレーニングをしたくない」と、少しの痛みでトレーニングをサボってしまうのはせっかく作り上げてきた筋肉が減ってしまう原因になります。

しかし、無理をしてケガをしては元も子もありません。ケガをするほどトレーニングをするということは、筋繊維を完全に破壊してしまい、ケガが治るまでの間はトレーニングができなくなるため、逆効果です。

筋肉痛がある時には、できる範囲でトレーニングを行いましょう。

あきらかに筋肉に痛みがはしり、軽いものを持つのもつらい、パワーが出ないといった時には、無理にトレーニングをしない方がよいでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/doubt-2072602_1920-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/doubt-2072602_1920-150x150.jpgBodykeLIVE 編集部トレーニング基礎知識トレーニングによって「筋肉が破壊される」ということを聞いたことがあると思いますが、破壊と聞くと筋肉が完全に壊れてしまうと勘違いしてしまいますよね。ではこの壊れた筋肉は一体どうなってしまうのでしょうか?消えてなくなってしまうのでしょうか?今回は、壊れた筋肉がどうなっていくのかを確認しましょう。 筋肉の破壊には乱れと壊死の2パターンある よく言われる「筋肉が破壊される」という言葉は、実はそれほど大げさなことではなく、筋線維の構造が乱れる程度の話なのです。筋線維がブチっと切れてしまったり、トレーニングで鍛えた部分の筋線維がボロボロになってしまうわけではありません。もしも、トレーニングをすることで筋肉がボロボロになって消えてしまったらトレーニングの意味がないですよね。しかし、切れてしまうほど筋線維が酷使された場合は、「壊死」といって筋線維が完全に死んでしまった状態になります。壊死した繊維は、たんぱく質分解酵素によってアミノ酸に分解され溶け、そして次の筋肉の材料として再利用される場合と、尿素になり体外に排出される場合があります。  壊死した筋繊維は修復して強くなる 一方で、壊死した部分では筋線維の再生が起こり、10日~2週間ほどで新しい筋線維がつくられます。しかし、即効的に筋肉を修復する場合には、新しい筋線維をつくるよりも、その部分を結合組織(コラーゲン)で埋めた方が早いといえます。したがって、疲労回復しないうちに筋肉が壊れるトレーニングを続けていくと、線維化(ファイブローシス)といって、筋肉の中に結合組織性の繊維がどんどん多くなっていきます。すると筋肉は硬くなり、力を入れてもゆるめてもあまり硬さが変わらないタイプの筋肉になっていきます。しかし、引き締まった体を手に入れたいということならば、硬い筋肉を作る必要はありません。  トレーニングと休養は体の声をしっかりと聞いて判断しよう もしもトレーニングを続けていて、痛いと感じるほど筋肉が疲れているならば、それは「休養が必要」だというサインです。といっても、少しでも筋肉痛がのこっていたらトレーニングをしてはいけないのかというとそんなことはありません。多少の筋肉痛はあっても、トレーニングの頻度を上げることは筋力アップにおいて大切なことです。「トレーニングをしたくない」と、少しの痛みでトレーニングをサボってしまうのはせっかく作り上げてきた筋肉が減ってしまう原因になります。しかし、無理をしてケガをしては元も子もありません。ケガをするほどトレーニングをするということは、筋繊維を完全に破壊してしまい、ケガが治るまでの間はトレーニングができなくなるため、逆効果です。筋肉痛がある時には、できる範囲でトレーニングを行いましょう。あきらかに筋肉に痛みがはしり、軽いものを持つのもつらい、パワーが出ないといった時には、無理にトレーニングをしない方がよいでしょう。 ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!