私たちの体の中には、さまざまな器官があります。それらの器官では分解をしたり信号を出したり代謝物などを分泌したりと多くの働きがあります。

その中で、筋線維から分泌されるある1種のたんぱく質が筋肉の成長を邪魔するということがわかっています。

筋肉を大きくするためにもこのたんぱく質の働きを抑えましょう!

筋肉の成長を邪魔するのは「ミオスタチン」

「ミオスタチン(マイオスタチン)」は、筋線維から分泌されるたんぱく質の1種です。このミオスタチンの働きは、筋肉の成長を邪魔してしまいます。

完全に成長をとめるわけではないのですが、筋肉の成長を強く抑制するという働きがあるためトレーニングを行うひとにとっては出来るだけ働きを抑えたいたんぱく質なのです。

ミオスタチンはなんで成長を止めちゃうの?

では、なぜ成長を抑制するたんぱく質が必要なのでしょうか?これは、筋肉のもととなる細胞の筋サテライト細胞の働きと強く関係があります。

筋サテライト細胞は、筋肉の発達や復元になくてはならない細胞です。しかし、筋サテライト細胞が止まることなくいつまでも分裂し続け増えすぎると、筋肉が異常に発達しすぎたり、がんになってしまう危険性もあるのです。

そこで、筋サテライト細胞の増殖を促す成長因子がある一方で、ミオスタチンのように増殖を止めるための因子もあるというわけです。

 

ミオスタチンの働きを鈍らせるにはどうしたらいい?

マウスを使った動物実験で、マウスの筋肉に強い刺激を与えることでミオスタチンの量が3分の1に減るという実験結果が出ています。

これを人間に例えると、「加圧トレーニング」が当てはまります。加圧トレーニングを行った人の筋肉を調べてみると、ミオスタチンの発現が半分くらいまで抑えられたという結果が残っています。

これらの結果から、外部からの刺激や激しいトレーニングではミオスタチンの働きが鈍くなるということがわかります。

 

筋肉が太くなるメカニズムをミオスタチン観点から見てみよう

トレーニングによって筋肉に刺激を与えると、まずミオスタチンの発現が減ります。

そうすると、ミオスタチンが「オフ」にしていた筋サテライト細胞の増殖スイッチが「オン」になります。増殖した細胞は、筋線維と融合して筋線維が太くなるというわけです。

さらに、昨今の研究でトレーニングの刺激によって、ミオスタチンの働きを阻害するミオスタチンアンタゴニストというたんぱく質の発症が増えるということもわかってきました。

 

つまり、筋肉を鍛えるためには、ミオスタチンの働きをしっかりとコントロールする必要があるということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/redd-angelo-70553-1-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/redd-angelo-70553-1-150x150.jpgBodykeLIVE 編集部基礎知識私たちの体の中には、さまざまな器官があります。それらの器官では分解をしたり信号を出したり代謝物などを分泌したりと多くの働きがあります。その中で、筋線維から分泌されるある1種のたんぱく質が筋肉の成長を邪魔するということがわかっています。筋肉を大きくするためにもこのたんぱく質の働きを抑えましょう! 筋肉の成長を邪魔するのは「ミオスタチン」 「ミオスタチン(マイオスタチン)」は、筋線維から分泌されるたんぱく質の1種です。このミオスタチンの働きは、筋肉の成長を邪魔してしまいます。完全に成長をとめるわけではないのですが、筋肉の成長を強く抑制するという働きがあるためトレーニングを行うひとにとっては出来るだけ働きを抑えたいたんぱく質なのです。 ミオスタチンはなんで成長を止めちゃうの? では、なぜ成長を抑制するたんぱく質が必要なのでしょうか?これは、筋肉のもととなる細胞の筋サテライト細胞の働きと強く関係があります。筋サテライト細胞は、筋肉の発達や復元になくてはならない細胞です。しかし、筋サテライト細胞が止まることなくいつまでも分裂し続け増えすぎると、筋肉が異常に発達しすぎたり、がんになってしまう危険性もあるのです。そこで、筋サテライト細胞の増殖を促す成長因子がある一方で、ミオスタチンのように増殖を止めるための因子もあるというわけです。  ミオスタチンの働きを鈍らせるにはどうしたらいい? マウスを使った動物実験で、マウスの筋肉に強い刺激を与えることでミオスタチンの量が3分の1に減るという実験結果が出ています。これを人間に例えると、「加圧トレーニング」が当てはまります。加圧トレーニングを行った人の筋肉を調べてみると、ミオスタチンの発現が半分くらいまで抑えられたという結果が残っています。これらの結果から、外部からの刺激や激しいトレーニングではミオスタチンの働きが鈍くなるということがわかります。  筋肉が太くなるメカニズムをミオスタチン観点から見てみよう トレーニングによって筋肉に刺激を与えると、まずミオスタチンの発現が減ります。そうすると、ミオスタチンが「オフ」にしていた筋サテライト細胞の増殖スイッチが「オン」になります。増殖した細胞は、筋線維と融合して筋線維が太くなるというわけです。さらに、昨今の研究でトレーニングの刺激によって、ミオスタチンの働きを阻害するミオスタチンアンタゴニストというたんぱく質の発症が増えるということもわかってきました。 つまり、筋肉を鍛えるためには、ミオスタチンの働きをしっかりとコントロールする必要があるということです。ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!