筋肉は、体のあらゆるところについていますが、その質は部位によって違うのでしょうか?さまざまな特性をもつ筋肉をあらゆる視点から見ていきましょう。

筋肉の構造には羽状筋と平行筋がある

羽状筋

まず、筋肉の構造から見てみましょう。ひじやひざの伸筋など、関節を伸展するために使われる多くの筋肉は「羽状筋」といって、筋線維が羽のように並んでいる構造をしています。

羽状筋は、断面積あたりの筋線維の数が非常に多く、筋力を発揮するのに向いている筋肉です。人間の体が重力に逆らって姿勢を維持したり運動するためには、関節の伸筋が必要不可欠です。

そこで、伸筋は体を支えるための力をおおいに発揮できる構造をしているのです。

平行筋(紡水状筋)

伸筋とは逆に、関節の屈筋は重力に逆らう方向に働くわけではありません。素早く大きく動かすことが最優先です。そのため、「平行筋(紡水状筋)」といって筋線維が平行して走っているか、もしくは羽状筋でも筋線維の傾きが少ない構造をしています。

このように、体にある筋肉は関節の働きに応じた作りをしているというわけです。

 

筋線維の質を比べてみよう

では、筋線維の質はどうでしょうか?筋線維の中でも最もわかりやすいタイプを比べてみましょう。多くの筋肉は、必要な機能に応じて遅筋繊維と速筋繊維の割合が変わります。

一番顕著に表れるのが、ふくらはぎの奥にある「ヒラメ筋」です。ヒラメ筋は直立姿勢を維持するために常に働いているため、小さな力を持続的に発揮する遅筋繊維の割合が多くなっています。

腹筋群や背筋群などもヒラメ筋と同様に、重力に逆らって姿勢を保つ場所のため、基本的には遅筋繊維が多い部位です。

ではその逆に速筋繊維が多い筋肉はどこかというと、実は人間にはないのです。

はるか昔の時代には速筋繊維が多い筋肉があったかもしれません。しかし、現代人の筋肉には遅筋繊維の方が多い部位しかありません。

ただ、ふくらはぎの筋肉で比べてみると、ヒラメ筋の外側にある腓腹筋はヒラメ筋よりも速筋繊維の割合が多い部位です。これは、腓腹筋にはジャンプなどのすばやく足の関節を伸ばす働きがあるためだと考えられています。

 

筋肉の質は部位によって異なる

筋肉の質を比べるならば、1つの筋線維にどのくらい細胞の核が含まれているのか、もしくは筋肉の再生に欠かせない「筋サテライト細胞」が多いか少ないかの情報も必要です。

しかし、残念ながら現時点では人間に関してはこれらの詳細なデータはありません。顕微鏡で筋線維の一部を見るという研究では、筋肉の収縮に関わる筋節という構造の幅などは部位によって大きな差はありません。

以上のことから、「筋肉の筋節の構造幅には大きな差はないが役割に応じた特性があるため、質は部位によって違う」ということが言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/brad-neathery-303621-1-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/brad-neathery-303621-1-150x150.jpgBodykeLIVE 編集部基礎知識筋肉は、体のあらゆるところについていますが、その質は部位によって違うのでしょうか?さまざまな特性をもつ筋肉をあらゆる視点から見ていきましょう。 筋肉の構造には羽状筋と平行筋がある 羽状筋 まず、筋肉の構造から見てみましょう。ひじやひざの伸筋など、関節を伸展するために使われる多くの筋肉は「羽状筋」といって、筋線維が羽のように並んでいる構造をしています。羽状筋は、断面積あたりの筋線維の数が非常に多く、筋力を発揮するのに向いている筋肉です。人間の体が重力に逆らって姿勢を維持したり運動するためには、関節の伸筋が必要不可欠です。そこで、伸筋は体を支えるための力をおおいに発揮できる構造をしているのです。 平行筋(紡水状筋) 伸筋とは逆に、関節の屈筋は重力に逆らう方向に働くわけではありません。素早く大きく動かすことが最優先です。そのため、「平行筋(紡水状筋)」といって筋線維が平行して走っているか、もしくは羽状筋でも筋線維の傾きが少ない構造をしています。このように、体にある筋肉は関節の働きに応じた作りをしているというわけです。  筋線維の質を比べてみよう では、筋線維の質はどうでしょうか?筋線維の中でも最もわかりやすいタイプを比べてみましょう。多くの筋肉は、必要な機能に応じて遅筋繊維と速筋繊維の割合が変わります。一番顕著に表れるのが、ふくらはぎの奥にある「ヒラメ筋」です。ヒラメ筋は直立姿勢を維持するために常に働いているため、小さな力を持続的に発揮する遅筋繊維の割合が多くなっています。腹筋群や背筋群などもヒラメ筋と同様に、重力に逆らって姿勢を保つ場所のため、基本的には遅筋繊維が多い部位です。ではその逆に速筋繊維が多い筋肉はどこかというと、実は人間にはないのです。はるか昔の時代には速筋繊維が多い筋肉があったかもしれません。しかし、現代人の筋肉には遅筋繊維の方が多い部位しかありません。ただ、ふくらはぎの筋肉で比べてみると、ヒラメ筋の外側にある腓腹筋はヒラメ筋よりも速筋繊維の割合が多い部位です。これは、腓腹筋にはジャンプなどのすばやく足の関節を伸ばす働きがあるためだと考えられています。  筋肉の質は部位によって異なる 筋肉の質を比べるならば、1つの筋線維にどのくらい細胞の核が含まれているのか、もしくは筋肉の再生に欠かせない「筋サテライト細胞」が多いか少ないかの情報も必要です。しかし、残念ながら現時点では人間に関してはこれらの詳細なデータはありません。顕微鏡で筋線維の一部を見るという研究では、筋肉の収縮に関わる筋節という構造の幅などは部位によって大きな差はありません。以上のことから、「筋肉の筋節の構造幅には大きな差はないが役割に応じた特性があるため、質は部位によって違う」ということが言えるでしょう。ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!