加齢とともに筋線維の数が減っていくことはすでに説明しました。簡単にいうと、筋線維が減るということはつまりは筋線維が死んでいくということです。

しかし、筋線維の発生の詳細についてまだ解明されていないように、役割を終えた筋線維がその後どのような姿になるのかは現時点ではまだはっきりとはわかっていません。

今回は役目が終わった筋細胞がどうなるか、

  • アポトーシス
  • ネクローシス

という2つの現象から、現時点で解明されていることを説明いたします。

 

筋細胞の死に方とは

現在の有力な説は、「アポトーシス」という細胞の死に方です。別名「プログラム細胞死」とも呼ばれ、古くなった筋線維が、なんと自ら命を絶つということを指します。

植物でも、枯れた葉っぱをそのまま付けておくと、そこに養分が使われてしまうため枯れ始めた葉っぱはすぐにとってしまったり、枝ごと剪定することがあります。

人間の体も同じ様に、何かしらで傷んだ細胞をそのままもっていても病気の原因となることもあるため体にとってはかえって邪魔になってしまうのです。

そこで、「自分は体には不必要だ」と判断した細胞が自ら命を絶つことで、余計なエネルギーが使われることがなく健康な体が維持されるというわけです。

細胞にはこのような自分で判断していなくなるプログラムがあらかじめ備わっていて、加齢とともに神経や筋肉が減っていくと考えられています。

 

加齢に伴い減っていくのは速筋繊維のが早い

このアポトーシスは、遅筋繊維より速筋繊維の方が激しく起こるようです。加齢にともなって数が減っていくのも、速筋繊維の方が圧倒的に先です。

また、細胞が死んでいく過程では、筋線維の激しい損傷によって、アポトーシスが起こる前に細胞が死んでしまう「ネクローシス」という現象もあります。

たとえば、筋繊維の膜が破れてしまうと普段細胞の中に存在しないナトリウムやカルシウムが外から入っていきます。そうなると、たんぱく質の分解酵素が一気に活性化し、細胞が溶けてしまう状態が起きます。

アポトーシスが能動的な細胞死とするならば、ネクローシスは反対に受動的な細胞死だといえます。

 

細胞の寿命とは

では、1つ1つの細胞の寿命はどのくらいだと思いますか?

組織細胞の寿命は1つではなく、2つに分かれてます。

1つは、皮膚の細胞や腸の上皮細胞、肝臓や造血組織の細胞は古いものが死んでいき、その上に新しい細胞が作られるため「再生系組織細胞」と呼ばれます。

もう1つは、筋肉や神経、心臓などの「非再生系組織細胞」という細胞のことで、基本的には再生はしません。

非再生系組織細胞は、私たちが生まれてから死ぬまでずっと同じ筋線維が保たれているのです。それだけに筋線維は非常に粘り強い構造をしています。

1つの細胞に多くの核があり、傷ついても修復して治すシステムにはなっていますが、再生をしない細胞ですので、役目を終えるまでは大事にしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

http://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/courageous-woman-enjoys-dangerous-vyhlidka-maj-viewpoint-picjumbo-com-1-1024x640.jpghttp://bodyke-live.com/wp-content/uploads/2017/08/courageous-woman-enjoys-dangerous-vyhlidka-maj-viewpoint-picjumbo-com-1-150x150.jpgBodykeLIVE 編集部基礎知識加齢とともに筋線維の数が減っていくことはすでに説明しました。簡単にいうと、筋線維が減るということはつまりは筋線維が死んでいくということです。しかし、筋線維の発生の詳細についてまだ解明されていないように、役割を終えた筋線維がその後どのような姿になるのかは現時点ではまだはっきりとはわかっていません。今回は役目が終わった筋細胞がどうなるか、アポトーシス ネクローシスという2つの現象から、現時点で解明されていることを説明いたします。  筋細胞の死に方とは 現在の有力な説は、「アポトーシス」という細胞の死に方です。別名「プログラム細胞死」とも呼ばれ、古くなった筋線維が、なんと自ら命を絶つということを指します。植物でも、枯れた葉っぱをそのまま付けておくと、そこに養分が使われてしまうため枯れ始めた葉っぱはすぐにとってしまったり、枝ごと剪定することがあります。人間の体も同じ様に、何かしらで傷んだ細胞をそのままもっていても病気の原因となることもあるため体にとってはかえって邪魔になってしまうのです。そこで、「自分は体には不必要だ」と判断した細胞が自ら命を絶つことで、余計なエネルギーが使われることがなく健康な体が維持されるというわけです。細胞にはこのような自分で判断していなくなるプログラムがあらかじめ備わっていて、加齢とともに神経や筋肉が減っていくと考えられています。  加齢に伴い減っていくのは速筋繊維のが早い このアポトーシスは、遅筋繊維より速筋繊維の方が激しく起こるようです。加齢にともなって数が減っていくのも、速筋繊維の方が圧倒的に先です。また、細胞が死んでいく過程では、筋線維の激しい損傷によって、アポトーシスが起こる前に細胞が死んでしまう「ネクローシス」という現象もあります。たとえば、筋繊維の膜が破れてしまうと普段細胞の中に存在しないナトリウムやカルシウムが外から入っていきます。そうなると、たんぱく質の分解酵素が一気に活性化し、細胞が溶けてしまう状態が起きます。アポトーシスが能動的な細胞死とするならば、ネクローシスは反対に受動的な細胞死だといえます。  細胞の寿命とは では、1つ1つの細胞の寿命はどのくらいだと思いますか?組織細胞の寿命は1つではなく、2つに分かれてます。1つは、皮膚の細胞や腸の上皮細胞、肝臓や造血組織の細胞は古いものが死んでいき、その上に新しい細胞が作られるため「再生系組織細胞」と呼ばれます。もう1つは、筋肉や神経、心臓などの「非再生系組織細胞」という細胞のことで、基本的には再生はしません。非再生系組織細胞は、私たちが生まれてから死ぬまでずっと同じ筋線維が保たれているのです。それだけに筋線維は非常に粘り強い構造をしています。1つの細胞に多くの核があり、傷ついても修復して治すシステムにはなっていますが、再生をしない細胞ですので、役目を終えるまでは大事にしましょう。 ボディークライブは、プロのトレーナーが執筆・監修した確かな情報だけをお届けします。ダイエットに悩んでいる方、ボディメイクが好きな方、健康な生活を送りたい方必見!